2007年12月29日

はじめまして!冬休みの計画

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

        ★ 実践! 税理士試験 合格テクニック ★
        
           2007.12.29 Vol.0001
           発行部数 126 部

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■


税理士試験の官報合格を知ってから2週間が経ちました。

ものすごい数の「おめでとう!」のメールを友人らからもらいました。
その一つ一つが嬉しくて、全てのメールに返事を書いていたら、
あっという間に時間が過ぎていきます。

みんな、心配してくれていたんだな、と改めて嬉しく思います。

あなたも、早く同じ体験ができるといいですね。





はじめまして!

第57回税理士試験官報合格者の しら です。

このメルマガに読者登録していただき、ありがとうございます。
今後、よろしくお願いします。


まずは自己紹介を。

私は現在41歳。
ある大手メーカーの経理部門で働くサラリーマンです。

工場の経理部門で働いていた20歳台の後半、毎日のように生産管理部門や
製造部門の管理者の人々から相談を受けていました。

「しら君、新しい設備を導入しようと思うんだけど、経理的にはどうかな?」

「しら君、今まで外注していた部品を内製しようと思うんだけど、どう思う?」

僅かながら持っている経理知識を総動員して、これらの相談に応じると、
「ありがとう。助かったよ。」と感謝の言葉を返してもらえました。

私が「経理って面白い仕事だな。」と思った原体験です。



「自分の知識を生かして、人にアドバイスする。」

その仕事の楽しさを極めるため、1999年、税理士になることを決意しました。
その後、働きながら、子育てしながら、受験勉強を続け、今年官報合格すること
ができました。





「しらさん、アドバイスありがとう!そういうやり方があるんですね。」

最近、2年ほど前に始めたブログや、税理士受験生向けの掲示板などで、
私が本当に何気なく書き込んだ

「僕はこういうやり方をしてますよ。」

というコメントに、受験仲間からそんなコメントをもらうことが増えてきました。



・・・あれ? 僕のアドバイスが人の役に立ってるかも・・・・


これまで自分自身では気づいていなかったのですが、もしかすると私が何気なく
やってきた受験ノウハウが、他の受験仲間の役に立つかもしれない・・・。

「自分の経験を生かして、人にアドバイスする。」

メルマガ発行って面白いかも、と気づきました。



そんなわけで、このメルマガが生まれました。

ものすごい必殺裏技合格テクニックを紹介できるとは思いませんが、
これから来年の本試験まで、折に触れて、「私はこうやってましたよ。」
ということを書いていきたいと思います。

よろしければ、今後もお付き合いいただければ嬉しいです。




さて、今日から冬休みの方も多いと思います。。

いつもよりも勉強時間が確保できる嬉しいシーズンですね。

私はいつも、冬休みの初日に、休みの期間中の勉強計画を立てていました。


・ 来年合格するために、自分に足りないものは何なのか?

・ それを強化するためには、何をすれば良いのか?


そして、やるべきことをリストアップした後、それを日別に割り当てます。


決して欲張らないこと! ← 重要です!!


計画を立てる段階では、気合が入っているので、どうしても盛りだくさんの
リストになってしまいます。
しかし、冬休みといえども、あっという間に時間は過ぎてしまいます。
年末年始で、どうしてもやらなければならない勉強以外の用事もあるはずです。

盛り込みすぎると、計画と実際の差が大きくなりすぎて、計画を守ろうとする
意思が低下してしまいます。

私は、やるべきことを日別に割り当てたところで一度立ち止まり、
「本当にできるのかな?」
と冷静に考えてみるようにしていました。


やるべきことのリストアップと、日別の計画作成。

単純なことですが、失敗すると、せっかくの冬休みを有効活用できません。

私は、最低でも1時間ぐらいは使って、じっくりやるようにしていました。

よろしければ、試してみてください。





さて、今回はここまでです。

初めてのメルマガ発行、まだまだ分からないことばかりで試行錯誤中です。
あなたからのアドバイスを聞かせていただければ嬉しいです。

また、ご質問、ご相談も、お待ちしています。
勢いでメルマガを発刊しましたが、どこまでネタが持つか、心許ありません。
あなたからのメールを参考にして、私の場合はどうだったのかを書いて
いきたいと思います。

こちらからメールを送ってくださいね。お待ちしております!
 ↓↓↓
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P29524620


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

記載した情報について発行者はいかなる責も負いませんのでご了承ください。
転送・転載していただいて結構ですが、当メルマガからの引用であることを
明示するようお願いします。

●発行者 しら

●お問合せ
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P29524620

●このメルマガのバックナンバー・登録・解除
http://www.mag2.com/m/0000254315.html

●ブログ 「三重苦サラリーマンは税理士になれるのか!?」
http://blog.livedoor.jp/shira3shira3/


■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

初めてのメルマガ、書いているうちに、読者登録数がどんどん増えて、
現在126部。

本当に、ありがとうございます。

書き上げるのに、ものすごい時間が掛りました。

喜んでもらえるといいなぁ。


Webサイトやメルマガでこのメルマガを紹介してくださった僕の大切な
友人たちに感謝です!
次号から少しずつ、このメルマガでも紹介しますね。


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

Copyright - (C) - 2007 ★実践! 税理士試験 合格テクニック★ しら
All Rights Reserved


(裏)
今日は午後から、子供の自転車乗りの練習です。
私にとっては、唯一の運動タイムです。
posted by しら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

結果発表後の科目選択

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

        ★ 実践! 税理士試験 合格テクニック ★
        
           2007.12 Vol.0000 発行準備号
           発行部数 0

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■


こんにちは。
税理士有資格者のしらです。

12月って本当に忙しいですね。
忘年会、クリスマス、年賀状、年内締切りの仕事・・・。
毎日が、あっという間に過ぎていきます。

そんな中、税理士受験予備校の年内の授業が終わると、ホッとします。
まずは、ひと息、休みましょう。

長い受験勉強、張り詰めたままでは息切れしてしまいます。
うまくメリハリを付けましょう。





税理士試験、試験が8月で、発表が12月、4ヶ月も待たされますよね。
官報合格待ちで無い限り、9月から新しい科目を勉強しているはずです。
そして12月の発表。

合格なら、幸せ一杯に新しい科目の勉強を加速させられます。

不合格だったら・・・

実は運命の分かれ目が待っています。





不合格だった場合、9月から勉強を始めた新科目と今年受験した旧科目、
どちらの勉強を続けるかについて、悩む受験生は多いと思います。

もちろん、両方とも続けられれば良いのですが、仕事や家庭などの事情で、
どちらか一方しかできないこともあります。

そんなとき、どちらを選ぶか。





結論から言います。

新科目をやめて、旧科目をやるべきです!!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





新科目は、まだ勉強を始めてからたったの4ヶ月しか経っていません。
旧科目は、本試験会場に行ける程度までは実力が付いています。

額面どおり合格ラインが60点だとすると、
新科目は良くて20点、
旧科目は50点ぐらいの実力のはずです。

新科目を合格する実力まで引き上げるためには、あと40点分頑張る必要があります。
旧科目であれば、12月から7月までの8ヶ月間で、あと10点分引き上げれば合格できます。

また旧科目を2年、3年と勉強すると、その科目の「ツボ」が見えてきますので、
1年目よりも格段に実力が付きます。

ですから、旧科目をやり直したほうが、来年の合格の可能性は格段に高くなります。



今やっている新科目の方が、既に4ヶ月もブランクが空いた旧科目よりも、
有利なように思ってしまいがちですが、多くの場合、それは錯覚です。


科目選択で迷っている方、私は旧科目に戻ることをお勧めします。



ご質問・ご意見、お待ちしています。

メールはこちらからお願いします。
 ↓↓↓
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P29524620


■ 編集後記 -------------------------------------------------------- ■


年賀状を出す相手をリストアップしていて気づいたのですが、
出す相手は、昔から知っている人ばかり。

最近できた友人には、年賀状は出しません、というか出せません。

ほとんど住所を知らないので。
メルアドと携帯の番号しか分からない・・・。

でも、メールで連絡を取り合っているので、全然問題ないです。


若い人だと、年賀状を書くというカルチャーが無いかもしれないですね。

「メールで済ますので年賀状は書かないよ」というあなた、
私に教えてくださいね。

メールはこちらからお願いします。
 ↓↓↓
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P29524620


それでは、また!



■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

記載した情報について発行者はいかなる責も負いませんのでご了承ください。
転送・転載していただいて結構ですが、当メルマガからの引用であることを
明示してください。また、発行者までご連絡いただけると嬉しいです。

●発行者 しら

●お問合せ
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P29524620

●このメルマガの登録・解除
http://www.mag2.com/m/0000254315.html

●ブログ 「三重苦サラリーマンは税理士になれるのか!?」
http://blog.livedoor.jp/shira3shira3/


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

Copyright - (C) - 2007 ★実践! 税理士試験 合格テクニック★ しら
All Rights Reserved
posted by しら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。