2008年06月29日

時間配分

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

★ 実践! 税理士試験 合格テクニック ★

2008. 6.29 Vol.0008
発行部数 419 部

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

本試験では、時間配分が重要です。

特に税法科目では、理論問題でバランス良く全ての問題に解答することが
合格の秘訣だと思います。

時間が足りないのは全員同じ。

どうやって「バランス良く」解答するか、が重要です。

-----------------------------------------------------------------------

こんにちは!
2007年に官報合格した税理士、しらです。


さて、今日は試験中の時間配分についてお話します。

「あと少しこの問題をやってから、次の問題に進もう。」

そんな気持ちで「あと少し」を続けているうちに、次の問題を解く時間が
不足してしまう。

簿記論をやっていた初心者受験生の頃は、私もよくやっていました。

採点してみると、第一問はよく出来ているのに、第三問あたりになると
簡単な部分の点が取れていない、ということも多かったです。

転記するだけなど、短時間で正解できる項目は、時間内に全て解答する
必要があります。


その後、ベテラン受験生となった私は配点の比率で時間配分するように
なりました。
つまり、こんな計算で配分します。

配点50点 → 120分×50点/100点=60分
配点20点 → 120分×20点/100点=24分

そして、配分した時間が経ったら、どんなに未練を感じても、ひとまず
次の問題に移るようにしました。

その結果、最後の方の問題が手付かずになることは無くなりました。



配点30点の問題は、どんなに出来が良くても最大で30点しか
得点できません。
他に70点分の問題があるのに、配点30点の問題に必要以上に時間を
掛けてしまっては、全体として多くの得点はできなくなってしまいます。

例えば、次のような配点で出題されたとします。
一問目 30点
二問目 20点
三問目 50点

(ケース1)
一問目、二問目を完璧に仕上げたものの、三問目に着手できなかった場合
一問目 30点×得点率100%=30点
二問目 20点×得点率100%=20点
三問目 50点×得点率  0%= 0点
合計得点 =50点

税理士試験は、60点以上の得点で合格ですから、50点では不合格です。


(ケース2)
一問目〜三問目が全て6割の出来だった場合
一問目 30点×得点率60%=18点
二問目 20点×得点率60%=12点
三問目 50点×得点率60%=30点
合計得点 =60点

60点に達しているので、合格です。


極端な2つのケースを考えましたが、時間配分がうまくいっていない場合、
ケース1に似た状況になっているはずです。


ここで、ちょっと考えてみてください。

ある問題を100%完璧に完成させる時間は、
60%の完成度に仕上げる時間の何倍でしょうか?


100÷60=1.666・・・倍


ではありません!


計算問題では、通常は一つの問題の中に、簡単に解答できる部分と、
じっくり考えないと解答できない部分が混在しているはずです。
簡単に解答できる部分を仕上げるだけで、まずまずの完成度になっている
はずです。
しかし、それを100%の完成度に仕上げるためには、
2倍以上の時間を要するはずです。


理論問題でも考え方は同じです。
しかし、理論問題では、基本的には簡単な部分から解く訳には行きません。
そこで、私は解答を書き始める前に時間配分を検討し、
どの部分を完璧に解答し、どの部分を端折ったり省略するか、
計画を立てるようにしていました。


とはいえ、理論問題は、特に時間配分が難しいと思います。

時間内で全てを書ききれない場合、どうすれば良いのか。
重要な部分は完璧に、重要でない部分は省略して・・・
とはいえ、全て重要な場合はどうすれば良いのか?

見出しやレイアウトを工夫して、見やすい答案を作りたいと思っても、
そのために時間を使いたくない。

多少、字が崩れても採点してもらえるとは思うものの、
どのぐらいの汚さであれば、合格に影響しないのか?

私はいつも、そんな悩みを抱えていました。
あなたも、そんな悩みをお持ちではないでしょうか?


そこで、昨年、実際に私が本試験で作成し、提出した合格答案を
そっくりそのまま復元し、PDFファイルでご提供することにしました。
答案の端折り方、レイアウト、見出しの付け方、字の汚さなども忠実に
再現してあります。

よろしければ、ご参考にしてみてください。

● 税理士試験 合格答案
http://goukaku.gosyuugi.com/


----------------------------------------------------------------------

少々長くなってしまいましたので、今回はこのぐらいにしたいと思います。
理論用紙の配分方法については、ブログに書きたいと思います。

● ブログ 「三重苦サラリーマンは税理士になれるのか!?」
http://blog.livedoor.jp/shira3shira3/


■ 編集後記 -------------------------------------------------------- ■


全答練(全統)が終わり、最後の追い込みの時期になりましたね。
これまでの蓄積も大事ですが、勝負はこれから、でもあります。
残された時間を有効に使って、本試験で最大のパフォーマンスが発揮できる
ようにしましょう。
健康にはくれぐれもご注意を。


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

著作権は発行者に属します。
記載した情報について、発行者はいかなる責も負いませんのでご了承ください。

出典(このメルマガ)を明示していただければ、引用・転送は自由に
していただいて結構です。
よろしければ、あなたの受験仲間にも、このメルマガをご紹介ください。


● 発行者 しら

● このメルマガのバックナンバー

コメント、トラックバック、リンクなど大歓迎です。
このメルマガの登録・解除もこちらから。

PC版
http://zeirishi-goukaku.seesaa.net/

携帯版
http://a.mag2.com/0000254315

● メールの送信

ご質問、ご意見、ご感想など、大歓迎です。
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P29524620

● ブログ 「三重苦サラリーマンは税理士になれるのか!?」

コメント、トラックバック、リンクなど大歓迎です。
このメルマガに書ききれなかったことなど、こちらに書いています。
http://blog.livedoor.jp/shira3shira3/

● 税理士試験 合格答案

http://goukaku.gosyuugi.com/

● このメルマガの発行スタンド「まぐまぐ」

http://archive.mag2.com/0000254315/


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■


(裏 編集後記)

勤務先(一般企業)で税務の専門部署に人事異動となりました。
受験勉強で身に付けた知識を活かしつつ、実務経験を積みたいと思います。
毎日、とても充実しています!
posted by しら at 13:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

理論用紙の配分方法
Excerpt: こんにちは。 メルマガ第8号を出しました。 今回は、時間配分についてです。 バランスよく、全ての問題に解答することの重要性、 そのための具体的なテクニックについて書きました。 と..
Weblog: 三重苦サラリーマンは税理士になれるのか!?
Tracked: 2008-06-29 14:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。