2008年04月20日

理論暗記の手順

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

        ★ 実践! 税理士試験 合格テクニック ★

           2008. 4.20 Vol.0006
           発行部数 375 部

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■


初めての税法科目、消費税を勉強し始めた頃、予備校に質問電話を
かけました。


私    「あの〜、理論集の第XX問を暗記しろって言われたんですけど、
      どの部分を覚えればいいんですか?」

担当講師 「あ、一言一句、全てです。」

私    「いえ、あの、一行目とか、専門用語とか、どの程度でしょう?」

担当講師 「あ、だから、隅から隅まで、全部です。(分かってないなぁ。)」

私    「え、全部・・・。そんなのできる訳ないじゃないですか・・・。」


きっとあなたも、同じような経験をされたのではないかと思います。

最初は驚きますよね。信じられない!
・・・けど、やればできるのも、また事実なのでした。


ゴールデンウイークまでに1回転、暗記を終わらせたいけれど、
なかなか暗記が進まない・・・。

そんな人のために、今回は、私の理論暗記の方法についてです。


-----------------------------------------------------------------------


こんにちは!
2007年官報合格者の しら です。

最初の頃、私も理論暗記には苦しみました。

1週間かけて、週に1問覚えられるかどうか・・・。
覚えたつもりでも、実際に書こうとすると出てこない・・・。

でも、自分なりに暗記の手順を確立してからは、1〜2時間あれば1問を
覚えられるようになりました。

その手順は、次のとおりです。

(1) 理解
(2) 黙読
(3) 朗読
(4) 暗唱





え、それだけ?(怒)

はい、そうです。(笑)




ただ、補足すると、(1)理解 が非常に大切です。
(1)無しに、(2)以降を行なっても、暗記はとても難しいです。

あなたも予備校で「暗記よりも理解が大切です!」
と言われたことがあると思います。

私も本当にそのとおりだと思います。


では、この「理解」というのは、どういうことでしょうか。

私は、「条文として書いてある日本語が、意味のある日本語として
理解できていること」だと思います。

税法の条文は、一つの文が長く、一文で数行に亘ることが珍しくありません。

そこで、まず最初に、英文解釈をするかのように、どの部分までが
条件を述べているのか、主語は何か、述語は何か、修飾語はどの語に
係っているのかを分析します。

分析ができたときには、その文が、単なる言葉の羅列ではなく、
一まとめの意味のある日本語になっているはずです。


「理解」が済んだら、後はインプットの単純作業です。

(2)黙読を10回ぐらいしたら、一文ずつ(3)朗読と(4)暗唱を繰り返します。

一文の暗唱ができるようになったら、パラグラフや大見出しごとに、
まとめて(3)朗読と(4)暗唱を繰り返します。


一問まるごと暗唱できるようになったら、定着させるために2〜3日間、
ときどき暗唱しなおします。
私は通勤時に歩きながら暗唱していました。


ところで、書く練習はいつするのでしょう?

私は近年は、答練などで書く以外には、特に丸暗記したものを書く練習は
しませんでした。

書くスピードは合否にあまり影響しないと思うし、腱鞘炎になるのを
避けたかったからです。

その代わり、答練で書いた答案は一語一句理論集と照合して、間違えた
部分をチェックしていました。



■ 編集後記 -------------------------------------------------------- ■


今回のテーマは、このメルマガ読者のジャックさんから
「理論暗記が全然進みません」
とのメールをいただいたのがきっかけです。

ジャックさん、ありがとうございました!

ジャックさんのブログ「夢追い人」
http://plaza.rakuten.co.jp/dorikamu/diary/


あなたからのメールも楽しみにしています。
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P29524620


本試験の公告が出ると、なんだかドキドキしますね。

あと3ヵ月半、コツコツと積み上げていきましょう!


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

著作権は発行者に属します。
記載した情報について、発行者はいかなる責も負いませんのでご了承ください。

●発行者 しら

●このメルマガのバックナンバー

 コメント、トラックバック、リンクなど大歓迎です。
 このメルマガの登録・解除もこちらから。
 http://zeirishi-goukaku.seesaa.net/

●メールの送信

 ご質問、ご意見、ご感想など、大歓迎です。
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P29524620

●ブログ 「三重苦サラリーマンは税理士になれるのか!?」

 コメント、トラックバック、リンクなど大歓迎です。
 このメルマガに書ききれなかったことなど、こちらに書いています。
 http://blog.livedoor.jp/shira3shira3/

●このメルマガの発行スタンド「まぐまぐ」

 http://archive.mag2.com/0000254315/


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■


(裏 編集後記)

妻と子供が泊りがけで出かけているので、この週末は久しぶりに一人で
過ごしました。

炒飯、中華粥など、料理というほどではありませんが、食事を作って
食べるのが楽しかったです。
posted by しら at 17:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94026138
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

理論を書くスピード
Excerpt: こんにちは。 先ほどメルマガ第6号を出しました。 本当は毎週にでも出したいのですが、全然時間が無い。 しかも、一通のメルマガを書くのに、ものすごい時間が掛かる・・・。 かる〜く、思いつ..
Weblog: 三重苦サラリーマンは税理士になれるのか!?
Tracked: 2008-04-20 17:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。